男性が花をプレゼントするシチュエーションはたくさんありますよね。

どんなときにどんな花をプレゼントしたらいいのかわからない人も多いと思います。

そこで今日は、花をプレゼントする意味、どんなシーンで贈るのか、プレゼントに関する疑問についてお話していきます。

 

特別な日に花をプレゼントする意味は?

花

ここでは、花をプレゼントするのはどんなときなのか、一覧表にして紹介していきます。

 

誕生日

誕生日は「生まれたことを」お祝いするための日です。誕生日祝いのプレゼントは、相手が好きな花、誕生月の花を贈ることが多いようです。

誕生月によって花の種類や色によって花言葉の意味も違います。基本となる花言葉は次のようになります。

 

※以下参照

誕生月 花の種類 花言葉
1月 スイートピー 門出・優しい思い出
2月 チューリップ 愛の告白・真実の愛
3月 フリージア あどけなさ・純潔
4月 アルストロメリア エキゾチック・持続 
5月 ピンクバラ しとやか・上品
6月 ユリ 純粋・無垢
7月 トルコキキョウ 優美・すがすがしい美しさ
8月 ヒマワリ あこがれ・あなたを見つめる
9月 デンファレ 魅惑・お似合いの二人
10月 オレンジバラ 絆・信頼・愛嬌
11月 ガーベラ 希望・前進
12月 バラ 愛・美

誕生月の花を使った、アレンジメントフラワーやそのままインテリアとして飾れるプリザーブドフラワーも人気です。彼女の誕生月の指輪と一緒に渡すのもおしゃれです。

 

イベントごと

イベントごとに花をプレゼントする人もいます。

 

クリスマス……クリスマスにはバラが人気です。花束にしてプレゼントしたり、リースにしたり、ツリー風にしたりとアレンジもできます。近年は花持ちがいいプリザーブドフラワーが人気です。クリスマスプレゼントと一緒に渡してもいいですよね。

 

ホワイトデー……バレンタインデーにチョコレートをもらったお返しとしてホワイトデーにクッキーと花を贈る男性が増えています。

今人気のハーバリウムに好きな花のドライフラワーを入れてプレゼントするのがおすすめです。

 

記念日

夫婦の結婚記念日やカップルの交際1年記念日など、記念日に花をプレゼントするのも定番になっています。

結婚記念日には赤いバラやカーネーションの花束が人気です。

 

結婚してから寄り添ってきた年数分の本数を花束でプレゼントされるのは女性にとって嬉しいものです。カップルも交際して1年記念のお祝いにバラの花束や、花束のブーケやプリザーブドフラワーを自分の好みのアレンジで贈るのも素敵です。

 

世界で1つだけのオリジナルフラワーは、彼女に喜ばれること間違いなしです。

 

結婚祝い・出産祝い

結婚する二人の門出を祝って素敵な花束を贈りたいですよね。結婚式当日に贈るなら、ブーケを贈るのもよいでしょう。

人気上昇中のフラワーボックスもおすすめです。

 

開店・開業・移転祝い

開店・開業・移転祝いには、スタンド花など豪華に贈りたいものです。お祝いのシーンには欠かせないとされている胡蝶蘭はおすすめです。

開店・開業・移転祝いは人目を惹くことができるので、個性あるバルーン付きのスタンド花も華やかでいいでしょう。

 

プレゼントにピッタリな意味をもつ花言葉は?

花 女性

花にはそれぞれ花言葉があります。ここではプレゼントにピッタリな意味をもつ花を一覧表で紹介していきます。

意味 花の種類
幸せが飛んでくる 胡蝶蘭
感謝 ピンクのカーネーション・ダリア
あなたを愛しています・愛情 赤いバラ
真実の愛・誠実 マーガレット
幸福 カスミソウ
変わらない心 スターチス
愛の告白・片思い ペゴニア
夢が叶う 青いバラ
門出・別離 スイートピー
母の愛 赤いカーネーション
友情 マリーゴールド・ライラック
希望 ガーベラ・スノードロップ

 

本数で変わる花の意味は?

ここでは花の本数をいくつか挙げて花言葉の意味をお話していきます。

 

バラの花束の本数に込められた意味

花束の本数 花言葉の意味
1本 あなただけ
2本 世界は二人だけ
3本 愛している
6本 あなたに夢中
8本 思いやりに感謝
9本 いつも一緒にいよう
11本 最愛
12本 恋人(奥さん)になって
40本 真実の愛
50本 永遠
99本 永遠の愛
108本 結婚してください

 

チューリップの花束の本数に込められた意味

花束の本数 花言葉の意味
1本 あなたが運命の人
3本 愛している
6本 あなたに夢中
12本 恋人(妻)になってください
8本 思いやりに感謝
9本 いつも一緒にいよう
11本 最愛
12本 恋人(奥さん)になって
40本 永遠の愛を誓う
50本 永遠
99本 永遠の愛
108本 結婚してください

本数で15本は「ごめんなさい」16本は「不安な愛」17本は「絶望の愛」の花言葉の意味があるため、プレゼントには向かない本数なので気をつけましょう。

またプロポーズするとき「12本の花を贈ると幸せになれる」というジンクスがあるので

プロポーズには12本の花束をプレゼントするのがおすすめです。

 

花をプレゼントで贈るときのポイント

男性 花

ここでは花をプレゼントするときのポイントをいくつか挙げてお話していきます。

 

贈る相手が好きな花を

相手の好きな花や色がわかっている場合はその花を贈ればいいのですが、わからない場合は、彼女、奥さんが好きな花の種類を、まえもってリサーチしておくといいでしょう。

または、相手のイメージに合った花を贈るのもいいですね。

 

お祝いごとにNGなものは贈らない

縁起の悪いものは贈らないようにしましょう。特に開店・開業祝いの場合は「赤」は火事、赤字を連想させ、お祝いに贈るのはNGとされている色です。花や、ラッピングも赤は避けるようにしましょう。

 

まとめ

誕生日、イベント、記念日などに花をプレゼントする風習は続いています。

花には本数によって花言葉があります。なかには、プレゼントに相応しくない本数の花もあります。

 

花をプレゼントするときは贈る相手のことを考えた花選びをしてください。

お祝いにはNGなものもあるので、これらを参考にして贈った相手から喜ばれるようなプレゼントをしてくださいね。