一度は花のプレゼントってどうなんだろうと考えたことあるのではないでしょうか。

気になる人へプレゼントや彼女の誕生日、妻との記念日など、さまざまな贈るシーンがあり、プレゼントすれば女性は喜んでくれるでしょう。

 

また、花は自分の気持ちを伝える手段としてとても有効なプレゼントです。

今回は大切な人へのプレゼントにおすすめの小さい花束についてお伝えしていきます。

 

花をプレゼントするなら小さい花束がオススメ!

小さい花

プレゼントに最適なのは小さめの花束です。

大きい花束は存在感があり豪華で素敵なのですが、片手で持つことができないので持って帰るとなったときに大変な思いをしてしまいます。

 

また、花束が大きいと場所を取ってしまうため飾る場所が限られてしまいます。

そうなってしまうとせっかく素敵な花束を貰っても素直に喜べないですよね。

プレゼントとしてベストなサイズは片手で持てる大きさの花束です。

 

持ち運びやすく、あまり大げさに派手にならないでしょう。

程良いサイズの花束であればプレゼントされて持って帰るときも大変な思いをせずに楽に持って帰ることができます。

 

また、飾る場所が限られないので好きなところに飾れるのも喜ばれるでしょう。

 

小さな花束をプレゼントするタイミング

花束をプレゼントするときってどんなタイミングで渡せば良いのか気になりますよね。

気になる人へのちょっとしたプレゼント、彼女の誕生日や2人の大切な記念日、妻の誕生日や記念日など、さまざまな贈るシーンがあります。

 

なかには何でもない日でも日頃の感謝を込めて花束を贈る人もいるようです。

では、どのタイミングで渡すかというと、一番多いのはデートの最後に渡すことが多いですね。

 

サプライズ要素もあるのでプレゼントされた人は喜ぶこと間違いなしでしょう。

ただし、一つ難点があり、デートの最後まで花束を隠しておくところです。

車があればトランクに入れておくことができますが、そうでない場合は工夫する必要があります。

 

デートルートで最後に花屋に寄ったり、ロッカーにしたりするなどをしてみると良いのではないでしょうか。

手提げバックも一緒に渡してあげるとさらにGoodですね!

 

小さな花束に向いている花言葉

花にはさまざまな花言葉が存在しています。

その中で気になる人や彼女、妻への贈り物として向いている花言葉を紹介します。

 

・イチゴ

花言葉は「尊敬と愛」「幸福な家庭」

・カーネーション

赤色の花言葉は「熱烈な愛」「愛を信じる」、青紫色は「永遠の幸福」

・ガーベラ

赤色の花言葉は「燃える神秘の愛」、ピンク色の花言葉は「熱愛」

・キキョウ

花言葉は「変わらぬ愛」「誠実」「気品」

・スズラン

花言葉は「幸福が訪れる」「清らかな愛情」

・チューリップ

赤色の花言葉は「愛の告白」

・ひまわり

花言葉は「あなただけを見つめている」

・マーガレット

花言葉は「真実の愛」

・桃

花言葉は「あなたに夢中」「あなたの虜です」

 

特にオススメの花を選んでみました!

 

花束をプレゼントするメリットとデメリット

花束をプレゼントすることにメリットとデメリットがあります。

下にまとめてみました!

 

花束をプレゼントするメリット

・華々しく映える

花束をプレゼントされればその場が華やかに映えますね。

プレゼントされた場所全体が良い雰囲気に包まれます。

 

・インパクトがある

普段街中で花束を持って歩いている人はいないので、花束のプレゼントはインパクトがあります。

また、特別な気分に浸れるので贈られた人はとても喜ぶことでしょう。

 

・オリジナルの花束を作ることができる

花束は花の組み合わせによって個性が溢れます。

自分のオリジナルの花束を作って贈れば気持ちがストレートに伝わるのではないでしょうか。

 

花束をプレゼントするデメリット

・枯れてしまう

花は人や動物と同じように生きています。

そのため、いつかは枯れたり散ったりしてしまいます。

せっかくプレゼントされた花が枯れてしまったら寂しいですよね。

 

・手入れが必要

貰ったときはとても綺麗で嬉しいのですが、花も生きていますから手入れや水あげをしてあげなければなりません。

花を飾ったことない人だと少し面倒に感じてしまうかもしれませんね。

 

・花瓶がなかったら買わなければならない

花束をプレゼントされても花瓶がない人は花瓶を買わなければなりません。

プレゼントされた花束はそのままにしておくとすぐに枯れてしまいます。

 

小さい花束をプレゼントするときの注意点

花 プレゼント

花束をプレゼントするときの大きな注意点が2つあります。

 

花言葉を考える

花には全体で持つ花言葉と色別で持つ花言葉があります。

色によっては花言葉が180°変わってしまう花もありますので注意が必要です。

 

例えば、バラ全体の花言葉は「愛」「美」などがありますが、赤色のバラの花言葉は「あなたを愛してます」「愛情」です。

 

しかし、黄色のバラの花言葉には「愛情の薄らぎ」や「嫉妬」とあまり良くない意味を持ってしまいます。

花束をプレゼントするときはしっかりと花言葉を調べてから贈りましょう!

 

花粉アレルギー

もう一つ注意しなければならないのが花粉アレルギーです。

花粉アレルギーを持っている人は花束の花粉に反応してしまい、大変な思いをしてしまう可能性があります。

 

かといって贈る相手に花粉症かどうかは聞きづらいですよね。

そんなときは花屋さんに相談してみましょう。

花屋さんに伝えれば花粉症対策の花束を作ってもらうことができます。

 

大切な人へ小さくて素敵な花束を!

誕生日や記念日など世の中にはとてもたくさんのイベントがあります。

大切なイベントのときに気になる人や彼女、妻に花をプレゼントしたら、とても素晴らしい思い出になるのではないでしょうか。

 

イベントだけに限らず、何気ない日常のなかで日頃の感謝を込めて花を贈るのも素敵ですよね。自分の素直な気持ちを込めて小さくても素敵な花束をプレゼントしてくださいね!