贈り物としても多く選ばれることの多いお花には、さまざまな効果があるといわれています。

特に、お部屋に置くことで運気が上がったり、リラックス効果があったりと、お花を飾ることでさまざまなメリットが生まれます。

 

そこで、今回は部屋に花を飾るメリットやおすすめのお花、注意点などを紹介していきます。

 

花を部屋に飾ろう!花に潜む効果とは

ひまわり

カラフルでいろいろな種類のあるお花は、お部屋bに飾ることでさまざまなメリットが生まれるといわれています。具体的にどんなメリットが生まれるのでしょうか。3つ紹介指定きます。

 

心を癒してくれる

花には不思議な効果があり、視覚や臭覚、触覚などの五感を刺激して人の脳に影響を与えます。そのため、以下の感情に効果がります。

  • 怒り
  • うつ
  • 不安・緊張
  • 疲労
  • 混乱

お花が部屋にあるだけで、こういった悩みから解放される効果があるようです。

 

花だけでリフレッシュ効果、リラックス効果が期待できます。また、活気が増えることもあるようです。

花が視界に入ることで、副交感神経の働きが活発化してこのような結果になることが研究で分かっているようです。

 

最近イライラする、気分が上がらないそんな方はぜひお花を部屋に飾ってみてください。

 

運気が上昇する

花や植物などは、部屋に置くだけで運気アップに繋がるといわれています。

特に風水的にお花は、運気アップにとても良いとされており、置く場所・花の種類・色で運気の上がり方が異なります。

 

全体運を上げるうえで一番重要な置き場所は玄関です。玄関は良い気が入ってくる場所なので入口をキレイにしておくと、部屋中に良い気が流れます。玄関には花を飾るのがおすすめです。

 

また、お花を置くだけで女子力アップにも繋がるそうです。

 

お部屋のアクセントになる

殺風景な部屋に花を置くことで、一気に部屋全体の雰囲気を明るくすることができます。

自分の気持ちに合わせて色を変えれば、家に帰るのも楽しくなっちゃうかもしれませんね。

せっかくお花を部屋んび飾るのであれば、花瓶にもこだわるとより一層お部屋のアクセントとして活躍してくれるかもしれません。

 

部屋に飾りたいおすすめのお花

部屋にお花を飾ることで、さまざまな効果が期待できると紹介しましたが、お花によってもたらす効果も変わってきます。そこで、部屋に飾るのにおすすめなお花を3種類紹介します。

ガーベラ

ガーベラの一番の特徴は、1本でも可愛らしく飾れることです。また、初心者でも簡単にお部屋に飾ることができるのも魅力ですよね。

ガーベラには縁を結ぶパワーがあるといわれているため、恋人が欲しい人、家族の関係をもっと良くしたい人におすすめなお花です。

 

特に恋人関係の運気を上げたい方におすすめ!色によって異なりますが、ガーベラには希望・前進といった意味があります。どの色のガーベラも良い意味を持っているものばかりなので、好きな色を飾ってみてください。

 

ひまわり

黄色くて大きなひまわりは、周りの雰囲気を明るくするのはもちろんですが、さらに元気を与える効果があります。

ひまわりには「陽」の気があるので、全体運というよりは「金運アップ」が期待できるお花です。飾る場所によっては旅行運や子宝運がアップすることがあります。

 

ひまわりも1輪だけで飾ってもとても可愛いので、お花初心者でも簡単に飾ることができます。

 

カスミソウ

カスミソウは不安な気持ちやイライラした気持ちを、落ち着かせる効果があるお花です。

そもそも白いお花には、気持ちをリセットする効果があります。

何か心配事がある、仕事で失敗をしてしまったなど気持ちが沈むときはカスミソウを飾りましょう。

 

カスミソウを飾る場合、他のお花を混ぜないようにしましょう。カスミソウの浄化する力は非常に強いため、他のお花の気を吸い取ってしまう可能性があります。そのため、カスミソウは単体で飾るようにしてください。

 

花を部屋に置くときの注意点

子供

花を部屋に置く場合、いくつか注意するべき点があります。今から紹介する点を注意することで、運気が上がり花を長持ちさせることができるでしょう。

 

生の花以外は飾らない

部屋に飾って運気が上がったり、気持ちを落ち着かせることのできるお花は「生の花」だけです。ドライフラワーなどは、逆に運気を下げる可能性があります。

そもそもドライフラワーは風水的にみると「死んだ花」とされます。こういったものを家に飾っておくことで、運気のバランスが崩れて悪い気が置きやすくなるといわれています。

 

水をこまめに変える

生の花にはどうしても寿命があります。そのため、できるだけこまめにお水を交換してあげることが大切です。水換えをしっかり行うだけで、2、3日しか持たないお花が1週間前後持つ場合もあります。常にキレイなお水を与えましょう。その際に、枯れたお花や葉っぱを取り除き、茎の先を少し切ったりしてあげるとより長持ちさせることができます。

 

風の当たる場所を避ける

直射日光が当たらない場所で、できるだけ涼しい場所にお花を飾るようにしましょう。

しかし、エアコンや扇風機の風が直接当たる位置もNG。直接風が当たることで葉っぱや花びらにダメージを与えてしまう可能性があります。ダメージが大きいと枯れる原因にもなるでしょう。

 

まとめ

花には無限の可能性が隠されています。なんだか疲れやすくなった、最近すぐにイライラするなどの悩みがある場合は、花を部屋に置くだけで改善されるかもしれません。

置く場所、花の種類、色に気を付けて素敵なお花を飾ってみてください。