贈り物として贈られることの多い花束ですが、貰ったあとの管理が難しいと感じる人も多く、貰っても嬉しくない……と感じることがあるようです。

可愛らしく特別な印象がある反面、面倒だと感じる花束をどうしたら喜んで受け取ることができるのでしょうか。この記事では、花束を貰ったあとの管理方法などを詳しくご紹介します。

花束を貰っても嬉しくない!?その理由とは

お祝いや何かの記念に何かを贈るといった場面で、よく選ばれるものとして花束があります。感謝の気持ちや、気持ちを形に表現したものとして最適と思われている花束ですが、貰って嬉しいと思う人がいる一方で、貰っても嬉しくない、困ってしまうと感じる人もいるようです。しかし、花束を貰っても嬉しくないと感じる人は、花が苦手というわけではありません。なぜ嬉しくないと感じるのか、その理由について解説していきます。

持ち帰りに困るから

花束を貰っても嬉しくない人の理由のひとつに、「花束の持ち帰りに困る」というものがあります。花束はボリュームがあるので、持ち運びが大変と思っている人が多いです。

実際、貰ったあとに満員電車に乗って帰らなくてはいけない人や、ほかの荷物が多くて花束まで持つ余裕がない人もいます。

花束が持てても、公共交通機関を利用すると、周りに迷惑をかけてしまうと感じるため、結果持ち帰ることができず、「嬉しくない」と感じてしまう人が増えます。

管理に困る

普段からお花が好きで自宅にお花を飾る人ならば、花束を自宅へ持ち帰っても飾れる花瓶があります。

一方で普段お花を自分から買ったり貰ったりする機会がない人は、自宅に持ち帰っても飾るのに苦労します。

お花一輪程度ならば、ペットボトルで即席の花瓶を作ることが可能です。

しかし、花束は数本のお花をまとめたものなので、束に厚みがありペットボトルの口では足りません。

改めて花瓶を購入する手間を考えると、「めんどくさい」という感情になってしまい、嬉しくないと感じてしまうようです。

お花よりもほかのものが欲しかった

お祝いやお礼などの気持ちは、お花ではなくほかのもので貰いたいという人もいます。

自分にとって花束を贈る相手が気心知れた関係ならば、「花束を贈ろうと思うのだけど、他に何か欲しいものはある?」と遠慮なく聞けるでしょう。

そのときに相手の思いを聞くことができるので、花束が嬉しくないのか聞くことができます。一方で、サプライズで花束を贈る予定の場合、事前に相手にプレゼントの内容について聞くことはできません。花束は枯れる前提のプレゼントなので、せっかく貰うならほかに欲しいものがあったと思う人も多いようです。

アレルギーがある

きれいなお花ですが、花粉にアレルギーを持っている人にプレゼントをすると、嬉しくないと感じてしまうでしょう。

アレルギーを自覚している人は、普段からお花の近くにいかないように工夫して過ごしています。避けているお花をプレゼントされると、どうしても「嫌だ」と思ってしまうことが多いようです。

喜ばれるには選び方が大切!花束を選ぶポイント

花束が嬉しくないと感じる人の多くは、急なサプライズや大き過ぎる花束が原因であることがわかりました。上記で紹介した原因の多くは、贈る側が花束を選ぶポイントに気をつければ、避けることができるかもしれません。

ここでは、相手に喜んでもらいやすい花束を選ぶポイントについて解説していきます。

大きすぎないものを選ぶ

大きな花束はインパクトは大きいですが、持ち運ぶのは非常に大変です。

特に外出先で花束を渡す場合、相手が持ち帰る方法も考えなければなりません。電車やバスに乗ることを考えると、コンパクトな紙袋に入るサイズがおすすめ。紙袋からお花が丸見えだと「恥ずかしい」と感じる人もいるようなので、できればジャストサイズが良いです。

フラワーアレンジメントもおすすめ

花束もいいのですが、フラワーアレンジメントを贈るという方法もあります。

フラワーアレンジメントは、お花の下に吸水力や保水力、お花のホールド力に優れたスポンジを用いてお花をアレンジメントしたものです。贈るときはおしゃれな容器に入った状態でラッピングされています。

すでにお花が可愛くアレンジされた状態なので、そのまま飾ることが可能です。花瓶などを用意する手間が省けるので、「面倒」という花束のデメリット部分を減らすことができるでしょう。

花言葉にこだわる

お花には、それぞれに花言葉があります。例えば、3月の卒業時期によく選ばれるスイートピーには「門出」という花言葉があります。

一般的によく知られたお花のチューリップにも花言葉があります。

チューリップ自体の花言葉は「思いやり」ですが、赤のチューリップには「愛の告白」、ピンクのチューリップは「幸せの芽生え」という花言葉があります。

夏の代表花であるひまわりには、「私はあなただけを見つめる」という花言葉があります。

お花ひとつひとつの花言葉の意味にこだわって、花束を選ぶのもおすすめです。

長く楽しみたい人には「プリザーブドフラワー」

お花を長く楽しんでほしいと思う人には、プリザーブドフラワーをおすすめします。ブリザーブドフラワーとは、生きたお花を長い間楽しめるようにブリザーブド加工という特殊加工を施したお花のことです。

花束と違って水やり不要で、すでに容器に入った状態で販売されているので花瓶は不要です。

平均保存期間は地域にもよりますが、日本のような梅雨のある国ならば2年〜3年、保管の仕方によっては10年以上保存ができます。

花束と違って長期間飾っておくことができるので、思い出をいつまでも残しておくことができるでしょう。

花束で貰って嬉しいお花ランキング

お花にはいろいろな種類があり、同じ種類のお花でも花びらの色に違いがあることがあります。また、種類としての花言葉や色によって独自の花言葉を持っていることもあるため、シーンに合わせた花を選ぶと喜んでもらいやすいです。早速どんなお花が人気なのか見ていきましょう。

1位バラ

バラの全体的な花言葉は「愛」「美」です。

中でも赤いバラの花言葉は「熱烈な恋」「情熱」、白いバラには「尊敬」という花言葉が込められています。

さらに、赤いバラは贈る本数で意味があります。1本〜意味はありますが、ここでは代表的な本数を見ていきましょう。

  • 1本は「あなたしかいない」「一目ぼれ」
  • 12本は「感謝」「誠実」「希望」「愛情」
  • 100本で「100%の愛」、108本だと「結婚してください」

赤や白以外でもバラの花びらは様々な色があり、お花に詳しくなくても、安心して選べるお花です。

2位ガーベラ

ガーベラの花言葉は、「希望」「常に前進」です。

花屋の店頭で売られているガーベラは、花びらの部分がフィルムで覆われているものが多いです。このフィルムを外すと、花びらが全方向に開いていきます。

ガーベラは1本でも存在感があるお花なので、小さめな花束を贈りたい人におすすめです。

花言葉が前向きなのと、色の種類が豊富でもあることから貰って嬉しいお花として知られています。

3位かすみ草

かすみ草の花言葉は、「清らかな心」「無邪気」「親切」「幸福」です。

かすみ草は茎が細かく分岐していて、先端に小さなお花を沢山咲かせます。

バラやガーベラといった大きなお花の引き立て役、脇役的存在と思われがちですが、かすみ草だけの花束も非常に人気です。

かすみ草は白のイメージが強いお花ですが、最近ではカラフルな色のかすみ草が販売されています。

ボリュームはありますが、ラッピング次第ではボリュームを抑えることができるため、おしゃれな花束を贈りたい人におすすめです。

花束が喜ばれるかどうかは「関係性」が大切

花束を贈って喜んでもらえるかは、相手との「関係性」が重要です。

親しい仲であれば生活習慣や好みをわかっているので、相手に喜んでもらいやすいお花を選びやすい傾向にあります。一方で、あまり関係性が深くない相手にいきなりお花を贈ってしまうと、好みや生活に合わずに「嬉しくない」と感じてしまうことも事実です。

花束を贈る場合は、相手の好みに合ったものを選んだり、持ち運びやすいものを選んだりと工夫をしましょう。

喜んでもらえる花束を選ぶなら「プレミアガーデン」

プレミアガーデンでは、高品質で低価格な花束を多く取り揃えています。通販サイト専門なので、使用できる花の種類が非常に豊富です。また、注文を受けてから独自で入手したルートでお花を購入しているので、低価格で高品質を実現。満足度の高い花束を提供しています。どんな花束にしようか悩んでいる人は、専門の フローリストにおまかせできるコースもあるので、ぜひお問い合わせください。

まとめ

花束を嬉しくないと感じる人の多くは、貰ったあとの管理方法や持ち運び方法に困っていることが判明しました。これは、贈る側も花束を選ぶときに、相手のことを考えることで対処できるかもしれません。また、プロポーズや誕生日など、どうしても大きな花束を贈りたい場合は、花束が入る袋を用意したり、自宅に配送したりすると良いかもしれません。ぜひ相手に喜んでもらえるように、花束をえらんでみてください。