プロポーズは愛を伝える大切なシーンであり、指輪と一緒に花束をプレゼントする方が多いです。しかし、花は多種多様あるため「どういった花がプロポーズに向いているのか分からない」と悩む方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、プロポーズにおすすめの花や花言葉、プロポーズでは避けるべき花と花言葉を紹介します。

プロポーズにおすすめの花と花言葉

プロポーズに向いているおすすめの花と花言葉は、主に以下の6つです。

  • 赤いバラ「愛しています」
  • ひまわり「あなただけを見つめています」
  • キキョウ「永遠の愛」
  • ピンクのガーベラ「熱愛」
  • 赤いガーベラ「燃える神秘の愛」
  • 赤いチューリップ「愛の告白」

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

赤いバラ「愛しています」

赤色のバラの花言葉は「愛しています」であり「情熱」などの花言葉も持ち合わせています。プロポーズの定番として高い人気を誇る赤色のバラは愛情の意味が強く、バラの花束は高級感が溢れるので特別感を演出できるでしょう。

赤色のバラ以外にも、ピンク色のバラは「可愛い人」「感謝」、白色のバラは「尊敬」「清純」などの花言葉があります。「赤色だと派手で恥ずかしい」と思う場合は、ピンク色や白色のバラを選ぶと良いでしょう。

このように素敵な花言葉を持っているバラですが、色によって意味は大きく異なるものもあり、本数によっても花言葉が変わってくるため、色や本数には注意が必要です。

バラは色により意味に違いがある

上記のように、赤色やピンク色などの花言葉には素敵なものが多くあります。

その他にもオレンジ色は「絆」「信頼」、緑色は「穏やか」などの花言葉を持っているのでプロポーズに適しています。

しかし一方で、バラの中にはプロポーズに適さない色も存在するので注意が必要です。

たとえば、黄色は「嫉妬」「愛情の薄らぎ」、黒色は「永遠の死」「憎しみ」などの花言葉を持っています。

大切な恋人のイメージに合わせてバラを選ぶことは大切ですが、黄色や黒色などのバラは避けましょう。

プロポーズに最適なバラの本数

プロポーズに最適なバラの本数は以下の通りです。

  • 1本:あなただけ
  • 2本:この世界は2人だけ
  • 3本:愛しています
  • 4本:死ぬまでこの気持ちは変わりません
  • 5本:あなたに出会えて良かった
  • 9本:いつも一緒にいてください
  • 11本:あなたは私の宝物
  • 12本:私の妻になってください
  • 21本:あなただけに尽くします
  • 33本:生まれ変わってもあなたを愛します
  • 40本:真実の愛
  • 99本:永遠の愛
  • 100本:100%の愛
  • 101本:これ以上ないほど愛しています
  • 108本:結婚してください

さまざまな本数を紹介しましたが、その中でもおすすめなのが12本です。

12本のバラは「ダーズンローズ」と呼ばれており、1本ずつに「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」の意味が込められています。どの言葉も2人で歩んでいくために大切な要素であり、プロポーズにぴったりの本数と言えるでしょう。

一方で、15本は「ごめんなさい」16本は「不安な愛」、17本は「絶望的な愛」の花言葉となってしまうため、避けることをおすすめします。

ひまわり「あなただけを見つめています」

ひまわりの花言葉は「あなただけを見つめています」です。

夏の暑い日に太陽に向いて咲き続けるひまわりの姿からこの花言葉がついたといわれています。ひまわりは黄色やオレンジ色の明るい色で元気な気持ちになれるので、プロポーズの花としても最適です。

夏の花としてイメージされることが多いですが、花屋によっては冬などでもひまわりを取り扱っている場合があるため、季節に関係なくひまわりを贈れるでしょう。

キキョウ「永遠の愛」

キキョウの花言葉は「永遠の愛」です。

古くから和歌などで登場するほど知名度が高い花であり、花びらがフリル状で華やかでバラに引けを取らない気品さがあります。一重咲きや八重咲きの他、色も種類も豊富なため、大切な恋人に合わせて選べるのもキキョウの魅力です。

ピンクのガーベラ「熱愛」

ピンク色のガーベラの花言葉は「熱愛」「情熱」です。

ガーベラは可愛らしい見た目が特徴で、1輪でも存在感があるので花束にすると豪華な印象を与えられます。原種は赤色ですが、品種改良が進んでいる現代ではさまざまな色が誕生しました。ピンク色のガーベラは主張しすぎない色合いなので、バラ同様に赤色が恥ずかしいと感じる場合は、ピンク色のガーベラを選ぶと良いでしょう。

赤いガーベラ「燃える神秘の愛」

赤色のガーベラの花言葉は「燃える神秘の愛」です。赤色のガーベラは明るく鮮やかな色合いであり、大きなインパクトを与えられます。

また、赤色に限らずガーベラは季節関係なく花屋で手に入りやすく、長持ちするので高い人気を誇っています。情熱的な愛を派手に伝えたいと考えている場合は、赤色のガーベラの花束をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

赤いチューリップ「愛の告白」

赤色のチューリップの花言葉は「愛の告白」です。

童謡にも登場する馴染み深いチューリップは、可愛らしい見た目で春を代表する花の一つです。赤色のチューリップは冬~春頃にかけて花屋に並ぶため、夏や秋にプロポーズする場合は、他の花を選ぶと良いでしょう。

誕生花でプロポーズするのもおすすめ

上記で紹介した花以外にも、大切な恋人の誕生花を選んでプロポーズするのもおすすめです。各月の主な誕生花は以下の通りです。

  • 1月:スイートピー、シンビジウム
  • 2月:フリージア、チューリップ
  • 3月:チューリップ、ガーベラ(ピンク)
  • 4月:カスミソウ、アルストロメリア
  • 5月:カーネーション、バラ(ピンク)
  • 6月:バラ、ユリ
  • 7月:ユリ、ひまわり
  • 8月:ひまわり、キキョウ
  • 9月:リンドウ、ダリア
  • 10月:ガーベラ、バラ
  • 11月:シクラメン、ガーベラ
  • 12月:カトレア、バラ(赤)

恋人の誕生月に合わせた花束を用意することで、自分の誕生花を事前にリサーチした上で用意してくれたことが伝わります。恋人をより嬉しい気持ちにさせることができ、素敵なプロポーズとなるでしょう。

プロポーズにNGな花

ここまでプロポーズにおすすめな花や花言葉を紹介しましたが、花によってはネガティブな意味を持つ花言葉があります。誤ってその花を贈ってしまうと印象が悪くなるだけでなく、せっかくのプロポーズが台無しになってしまうかもしれません。

ここではプロポーズにNGな花を2つ紹介するので、選ばないように注意しましょう。

 

黄色・白のチューリップ

黄色のチューリップの花言葉は「報われぬ恋」、白色のチューリップの花言葉は「失われた恋」です。黄色や白色のチューリップは可愛らしい見た目ですが、どちらの色も失恋を連想させる花言葉であり、愛を告白するプロポーズには向いていません。

チューリップを贈りたいと考えている場合は、黄色と白色以外のチューリップを選んで贈るように注意しましょう。

マリーゴールド

マリーゴールドの花言葉は「絶望」です。

マリーゴールドはオレンジ色で元気がもらえる暖色系をしていますが、花言葉はその姿とは正反対の意味を持っています。色鮮やかで美しい花ですが、イメージだけで選んでしまうと後悔につながってしまうかもしれません。

なお、マリーゴールド以外にも見た目と花言葉がマッチしていない種類もあるので、プロポーズで花束を贈る際は一度花言葉を調べるのが無難です。

プロポーズで花を贈るなら「プレミアガーデン」へ

プレミアガーデンは、品質の高い花を求めやすい価格で提供している大型通販ショップです。花束やフラワーアレンジメント・スタンド花など、さまざまなプレゼントに最適なフラワーギフトを豊富に扱っています。

「プロポーズを成功させたい」「一人じゃ良い花を選べない」などと考えている方は、ぜひ一度プレミアガーデンにお問い合わせください。

 

プレミアガーデンのウェブサイトでは、さまざまなフラワーギフトを取り揃えております。プロポーズにぴったりな花束もたくさんあるので、ぜひご覧ください。

下記のページからプレミアガーデンを確認できます。

プレミアガーデン

 

まとめ

近年では、愛を伝えるプロポーズと併せて素敵な花束を贈る方が増えています。

花にはさまざまな種類があり、中にはプロポーズに最適な花や花言葉があるので、大切な恋人にプレゼントすれば喜んでもらえるでしょう。

しかし、色や本数によって花言葉が異なり、花によっては見た目とは違うネガティブな花言葉を持っている種類もあるので注意しなければなりません。

ぜひ本記事を参考に、一生の思い出に残るプロポーズを実現してみてはいかがでしょうか。